ヒゲにこだわる男へ捧ぐレーザー脱毛ガイダンス
クリニックVS脱毛専門店 髭のレーザー脱毛五番勝負
ヒゲレーザー脱毛ガイダンス » 髭が濃い原因とは?濃い髭に悩む男性の悩みに答えます

髭が濃い原因とは?濃い髭に悩む男性の悩みに答えます

  【公開日:|更新日:

  - 公開日:
- 更新日:

髭が濃くなる原因には、様々なものがある!

髭はダンディズムの象徴となる一方、お手入れを怠ると逆に不潔な印象を与えてしまうため、なかなかオシャレに仕上げるのは難しいもの。

仕事によっては規定で剃らなければならないことも多いですが、元々髭が濃いと青髭や剃り跡がクッキリ残り、それがコンプレックスに繋がる人もいますよね。

しかし、そもそもなぜ髭は濃くなるのでしょうか?考えられる原因について、ひとつずつ見て行きましょう。

生まれながらに決まっている「遺伝」

まずは、生まれつきの「遺伝」や「体質」。これは100%とは言えませんが、決して無関係ではないと言われています。

これは男性ホルモン自体が遺伝しやすいこと、親からの体質を受け継ぎやすいことなどが理由となっており、お父さんやお祖父さんなどの髭が並以上に濃い場合には、そのDNAを持って生まれてくる人が多いと言えるでしょう。

また、人間の毛穴の数は妊娠6か月ごろに決まるとされています。つまり、生まれつき毛穴の数はある程度定まっているのです。

毛が生えない毛穴(皮脂の分泌という役割をもつ)もあるため必ずその通りになるとは言えませんが、遺伝的な要因は大きいのではないでしょうか。

後天的に髭を濃くする要因である「不規則な生活習慣」

ただし、遺伝や体質的に髭が濃いからといって改善が見込めないわけではありません。髭は「生活習慣」によって、後天的に濃くなることも多いと言われているからです。

つまり、生まれながらに毛穴が多い人でも生活習慣に注意すれば髭が濃くならない可能性はありますし、逆に毛穴が少ない人も、気を付けなければ髭が濃くなる恐れもあるということですね。

一般的に髭が濃くなる原因になりやすい、と言われている生活習慣は以下の通りです。

  • 睡眠不足
    睡眠不足は髭が濃くなるのはもちろん、肌の調子にも悪影響を与えがちです。なぜかというと、休息が足りないことで様々なホルモンのバランスが乱れてしまうから。個人差はありますが、基本的には最低6時間以上の睡眠をとりましょう。

  • 暴飲暴食(ジャンクフード中心の食生活)
    食べてストレスを発散するという人は多いですが、暴飲暴食も髭が濃くなりやすい原因のひとつです。これもまたホルモンバランスの乱れを引き起こすと言われており、特にジャンクフードやお菓子など、糖質や脂質中心の食事ばかり摂取するのはおすすめできません。

  • 過度な疲労の蓄積
    いわゆる「働きすぎ」という状態です。人間忙しいと家が荒れがちになったり、家事をする暇がなく栄養のある食事や清潔な環境を保てなくなったりします。疲労は様々な悪影響を引き起こしますから、可能な限りリラックスタイムを設けましょう。

  • アルコールの過剰摂取
    アルコールを摂取すると、髭を濃くする原因となる男性ホルモンが活性化しやすいと言われています。適量(1日あたりビール中瓶1本程度)ならば心配ありませんが、頻繁に泥酔状態になるという人は注意しましょう。

  • シェーバーやカミソリなどによる間違った髭剃り
    生活習慣の中でも、意外と見落としがちなのが「髭剃り」です。出来る限り肌に負担をかけないやり方を心がけなければ、表面や毛穴が傷ついて髭が濃くなる原因を作ってしまうこともあります。以下のポイントを見て、自分の普段の髭剃りと照らし合わせてみましょう。

  1. 髭剃り前に表面を水で濡らし、滑らかにする
  2. シェービングクリームやジェルなどをしっかり塗って摩擦を防ぐ
  3. 剃る前に、カミソリやシェーバーの刃が劣化していないか確認する
  4. 刃の動きに逆らわないよう、表面に優しく滑らせる
  5. 細かい部分は唇を動かしながら、慎重に行う
  6. 終わったら化粧水や乳液などで保湿する

溜めないのは難しいけれど……「ストレス」

次に、髭が濃くなる原因のひとつとされているのが「ストレス」です。ストレスには肉体的なものと精神的なものがあり、肉体的なものでは前述した生活習慣の中の睡眠不足や暴飲暴食、疲労なども含まれます。

精神的なストレスの代表格としては、やはり「人間関係の悩み」や「将来への不安」、「思うようにキャリアアップやスキル向上を狙えないことへの不満」などが挙げられるでしょう。

上司や同僚と上手くいかない、家族や友人と仲たがいをした、お客様に罵倒された、就職、転職活動が上手くいかない、昇進試験や資格試験に落ちた……など、人が感じる精神的ストレスは様々です。

一般的な改善方法には「娯楽や趣味を楽しんで忘れる」「遠くへ旅行に出かける」「むしろ勉強量を増やして自信を付けてみる」などがありますが、継続できる方法として昨今注目されているのが「瞑想」。

瞑想は姿勢を真っすぐに伸ばして目を閉じ(半眼でもOK)、呼吸を整えながら「余計なことを考えず、自分の息遣いや存在に深く耳を傾ける」というのが基本。

座禅のイメージから宗教的な儀式のように思う人も多いでしょうが、本質はそうではありません。「日本マインドフルネス学会」によれば、瞑想は継続すれば自身を客観的に見られるようになるので、悩みやイライラなどに惑わされにくくなるとのこと。

好きなことをしても上手くストレスが解消できない!という人は、一度やってみる価値があるかもしれません。

発がん性物質だけではない!「喫煙」

続いては、嗜好品として長く人々の生活に寄り添ってきたと言える「タバコ」。膨大な化学物質の中に多くの発がん性物質を含んでいるとされ、長く続けると肺がんの原因になりかねないというイメージがありますよね。

しかし、実は「タバコを吸っている人の方が男性ホルモンが多い傾向にある」という研究結果も出ています。過剰に吸い続けるとホルモンバランスの乱れを引き起こし、髭が濃くなる原因になる恐れもあるのです。

また、単純に有害物質を多量に含有していることから身体が「毒素」と認識してしまい、煙を排出しようと皮膚の毛穴が開かれるので、その穴を埋めようと髭が太くなるとも言われています。

タバコは中毒性があるため、特にヘビースモーカーの場合禁煙するのは難しいことですが、ガムや飴で代用する、禁煙外来や仲間同士のコミュニティを頼る、ニコチンなしの電子タバコを使用して口寂しさを紛らわすなど、色々と工夫してみてくださいね。

何事もやりすぎは禁物「筋トレ」

体型の維持や若々しさの保持に効果的とされる「筋トレ」。もちろん適度にはやった方が良いのですが、やりすぎると男性ホルモンが過剰に分泌され、髭が濃くなる傾向があると言われています。

ただし、運動を怠ると逆に不摂生に繋がりますし、筋トレ自体は悪い習慣ではありませんから、頻度に気を付ければ特に気にする必要がないという説も。

最適な頻度としては3日~週に1回程度が目安。少ないと思われるかもしれませんが、筋肉は休息によって自然に回復することで徐々に強くなっていくため、程よく休んだ方が筋力アップにも繋がるようです。

また、ランニングやマラソンなどの「有酸素運動」は、逆に一定以上の負荷をかけると男性ホルモンを抑制するとも言われます。筋トレと有酸素運動をバランスよく組み合わせるのが、健康的な肉体を作るにはおすすめなのではないでしょうか。

髭が濃くなる原因の多くには「男性ホルモン」が関わっている!

こうして見ると、髭が濃くなる原因の多くには「男性ホルモン」が関わっていることが分かります。男性ホルモンの分泌が過剰になったり、ホルモンバランスが乱れたりすると、髭の伸びが速くなる恐れがあるのですね。

特に体毛の成長を促進すると言われているのは、男性ホルモンの中でも「テストステロン」という物質。

テストステロンは正常に分泌されている間は非常に様々なメリットをもたらしてくれるものなのですが、ホルモンバランスが乱れテストステロンの分泌が過剰になると、必要以上に髭をはじめとした体毛が濃くなることがあるのです。

ただし、体毛の成長を促進する以外には以下のような作用が期待できるので、決して悪ではありません。

  • 筋肉量アップ
  • 男性的な骨格を作る
  • 仕事や勉強のモチベーションアップ、前向きな闘争心の向上
  • 集中力や記憶力、判断力の向上

特に仕事のモチベーションや集中力アップなどは男性ホルモンのはたらきによるところが大きく、減少しすぎると骨の力や筋力が低下するのはもちろん、記憶力や判断力をダウンさせることもあるとされています。

ですから、テストステロンをはじめとした男性ホルモンをむやみに減少させるのではなく、規則正しい生活や習慣によってホルモンバランスを正常に保つことが大切だと言えるでしょう。

それなりの覚悟が必要?「加齢」も髭が濃くなる要因に

髭は、そもそも若い頃よりも歳を重ねるごとに濃くなりやすいと言われています。むしろ若い時の方が細胞は活発なんじゃないの?と思ってしまいますが、実はこれにも「生活習慣」が大きく関わっていると言えるでしょう。

まず男性ホルモンには、前述した「テストステロン」以外にも様々な種類があります。そのうちの一種、テストステロンに酵素が結びつき、姿を変えたものが「ジヒドロテストステロン」です。

テストステロンの場合は良い作用も期待できるものの、ジヒドロテストステロンの場合は「薄毛」をはじめ、本来あまり縁があって欲しくない加齢や体質による変化を促進するはたらきがあるのが特徴。

ジヒドロテストステロンは30代ごろから分泌が活発になると言われており、睡眠不足や喫煙などでも活性化されます。この成分を理由に、30を過ぎたあたりから急激に髭が濃くなる人も中にはいるようです。

濃い髭を改善するためには「レーザー脱毛」も効果的

以上のように、濃い髭を改善するためには遺伝や体質のみならず、生活習慣も重要な役割を果たしていることが分かりました。しかし、剃り跡を手っ取り早く滑らかにする方法はないの?と思う方もいるでしょう。

そういった方には、昨今「医療レーザー脱毛」、もしくは「光脱毛」がおすすめだと言われています。

これはレーザーや光を毛穴に照射することでメラニン色素にはたらきかけ、自然と毛が抜けるようにするというもの。4回~10回程度通えばツルツルになる可能性が高く、効果が高いものを選べば一生髭剃りから解放されることも。

脱毛というとブラジリアンワックスや毛穴に針を刺してゆくタイプのものなど痛みが強いイメージがありますが、レーザー脱毛や光脱毛は急速に進化しているため、最新の機器ならほぼ痛みはないようです。

医療レーザー脱毛は「病院で受けられる髭脱毛」

医療レーザー脱毛のメリットは、何と言っても「効果が高い」というところ。病院でしか受けられない分最新の強力な機器が使われており、一生髭剃り跡から解放されるのも夢ではありません。

また、しっかり免許をもった医師による施術となるので、技術的にも安心。万が一肌トラブルや火傷などが起こった場合でも適切な対処が期待でき、初めてでも信頼しやすいと言えるでしょう。

ただし、その一方で「比較的費用が高い」のがデメリット。エステサロンに比べると倍以上することもありますから、学生さんや社会人になりたての方などには厳しいかもしれません。

光脱毛は「エステサロンで受けられる髭脱毛」

対する光脱毛は、基本的に医療機関でなくても施術可能なので「気軽にエステサロンで受けられ、料金が安い」のがメリットと言えます。

サロンによってはローンを利用することで月々数百円程度で済むこともあり、学生さんをはじめ若い方にとっても手軽です。

ただし、逆に「照射力が弱い」のがデメリット。医療レーザー脱毛に比べてその分肌への影響は少ないとは言われるものの、基本的にもう一生通わなくていい、というレベルまでは改善されません。

また、光脱毛は施術に必要な資格が必須ではないため、スタッフによって技術力に差が出やすいところもあります。サロン選びは慎重に行った方が良いでしょう。

濃い髭の脱毛は、自分に合ったクリニックやサロンを見つけることも重要

医療レーザー脱毛と光脱毛、どちらがおすすめかと言われるとやはり「貯蓄や収入に少しでも余裕があれば医療レーザー脱毛」です。

価格が多少高くても長期の持続が期待できますし、髭剃りアイテムを一生買い続けるより最終的に経済的な可能性もあります。

とはいえ、昨今ではしっかりと資格を保持したスタッフを紹介した上で、医師監修のもと光脱毛を行っているサロンもあるため、自分に合った場所を見つけることが重要。髭はデリケートな部分なので、ぜひ様々に吟味してみてください。

脱毛成功の秘訣は回数を重ねること!
メンズ脱毛専門店
VS クリニック比較

ユウタ脱毛専門店代表
RINX(リンクス)
リンクス公式HP            
料金 鼻下10回:28,000円
(11回目以降840円)
料金顔全体1回:5,980円
店舗数 全国46店舗

RINXの
公式HPで詳しく見る

リュウジクリニック代表
ゴリラクリニック
ゴリラクリニック公式HP            
料金 鼻下5回:36,000円
料金顔全体1回:31,032円
店舗数 全国8院

ゴリラクリニックの
公式HPで詳しく見る