ヒゲにこだわる男へ捧ぐレーザー脱毛ガイダンス
クリニックVS脱毛専門店 髭のレーザー脱毛五番勝負
ヒゲレーザー脱毛ガイダンス » 髭が濃い原因はストレスにある?

髭が濃い原因はストレスにある?

  【公開日:|更新日:

  - 公開日:
- 更新日:

剃りすぎると肌荒れにも……「濃い髭」に悩む人は多い

体毛には身体を守るはたらきもあるとはいえ、濃すぎると外見に影響することもあって気になりますよね。特に「髭」は顔立ちや印象にも作用しますから、シェーバーやカミソリなどでこまめに剃っている人も多いでしょう。

しかし、それもやりすぎると肌荒れの原因になったり、逆に青い跡が残ったりしてコンプレックスに繋がることも。

とはいえ、そもそも髭が濃いのは生まれつきの体質でどうにもならないことなのか?というと、実はある程度改善できる可能性もあるのです!

今回は中でも髭が濃くなる原因のひとつとされる「ストレス」について、その真実と対処法を見てみましょう。

女性も無関係ではない!ストレスと髭の関係

髭が成長しやすくなるとされる原因は色々ありますが、中でも代表的なのが「身体的、精神的なストレス」です。

仕組みとしては「ストレスによって身体のホルモンバランスが崩れる→男性ホルモンの分泌が過剰になる→髭の成長が速まったり量が増えたりする」といった流れ。

男性であれ女性であれ、基本的には男性ホルモンと女性ホルモンの両方を兼ね備えています。元々男性ホルモンの方が多い傾向にあるのですが、生活や精神がストレスで乱れるとそれが更に増幅し、身体のバランスを保てなくなってしまうのですね。

ここで注意したいのは「女性にも髭は生える」ということ。過剰にストレスがかかる生活を送っていると、主にアゴに薄っすら(人によっては濃く太く)髭が生えてくる恐れがあります。顔はデリケートな部分なので、充分注意しておきましょう。

では、一般的に「髭が濃くなる原因になりかねないストレス」にはどのようなものがあるのでしょうか?

睡眠不足

まずは身体的なストレスの代表格と言える「睡眠不足」。適切な睡眠時間は人それぞれですが、ショートスリーパー(短時間しか寝ていなくても問題なく健康を保てる人)でない限り少なくとも6時間以上は必要とされています。

皆さんは、寝不足で肌荒れになった経験はありませんか?それと一緒で、充分な睡眠が取れないと正常に成長ホルモンがはたらかないことから、変に髭が濃くなってしまう恐れがあるのです。

仕事のしすぎ(過労)

身体的なストレスとして、こちらも定番の「過労」。決まった時間に出勤し、仕事が終わるまで退勤できない……というのは社会人として仕方のないことですが、適度に休息をとらないと髭の伸びはもちろん、身体の様々な部分に異常が出てしまいます。

また、就業時間はそこまで長くなくても、例えば夜勤や夜中心の接客業など、昼夜逆転になりがちな仕事で髭が濃くなったという人もいるようなので、身体からのサインを見逃さないようにしたいですね。

過度なダイエットや不摂生な食生活

体型維持のために炭水化物や脂質を控えているという人は多いでしょうが、例えば「1日1食しかとらない」「食事は野菜とダイエット食品のみで、肉や魚も控える」「過食して吐く」など、無理なダイエットをすると栄養不足がたたり、異常に繋がる恐れがあります。

これは髭が濃くなる以上に身体的に大きなストレスを与えかねないので、心当たりがある人は気を付けましょう。また、ジャンクフードやコンビニご飯など、油分や糖に偏った食生活もホルモンへの悪影響に。

人間関係の悩み

次に、精神的なストレスの代表例が「人間関係の悩み」。職場の上司や同僚と上手くいかない、お客様に酷いことを言われた、友人と仲たがいをしてしまった……など種類は様々ですが、いずれも精神的に大きな負荷を与えます。

精神的に不安定になった時異常を感じやすいのは胃、というイメージもありますが、知らず知らずのうちにそれ以外にも多くの部分にダメージが生じているもの。努力でも改善できないところはある程度割り切って、嫌なことは出来る限り忘れましょう。

飲酒、喫煙のしすぎ

嗜好品としては定番の「お酒」や「タバコ」。これも実はストレスと大きく関わっています。適量であれば問題ないのですが、お酒を飲みすぎたりタバコを吸いすぎたりすると身体に多大な負荷が与えられ、男性ホルモンを活性化してしまう恐れがあるのです。

特にお酒は一定以上飲むと吐き気や頭痛などを引き起こす「二日酔い」になり、胃痛や肌荒れなどに繋がることもありますから、あくまでも適量を心がけましょう。

実は「間違った髭剃り」も大きなストレスになる

このように、ストレスには様々な種類があります。その多くは髭が濃くなる以外にも身体に様々な影響を与えるものばかりですが、髭にスポットを当てた場合、意外と見落としがちなのが「正しい髭剃りができているか」です。

実は間違った髭剃りも、「肌へのストレス」によって肌荒れしたり毛穴が黒ずんだりすることで、濃く感じる原因になるのです!肌の負担にならないため、カミソリでもシェーバーでも以下のポイントに注意して髭剃りを行いましょう。

  1. 水で濡らし、シェービングクリームを塗る
    まず、髭剃り前に水で濡らしてシェービングクリームやジェルなどを塗ります。事前に濡らすことで肌の表面が滑らかになり、刃から受ける衝撃やヒリつきなどを軽減する作用があるそうです。

  2. カミソリやシェーバーは新しいものを使う
    カミソリやシェーバーは表面に金属の刃がついているため、徐々に錆びたり劣化したりします。使用前に「刃はいつ買ったか?」「表面は錆びたり摩耗したりしていないか?」をしっかり確認しましょう。

  3. 刃の流れに沿って動かす
    特にカミソリの場合、横に動かすと刃が切れる仕様になっているため、その動きに逆らうのは危険です。できれば顔の形に沿って動かせる髭剃り専用のカミソリやシェーバーを使い、優しく表面に滑らせてください。

  4. 時々刃をすすぎつつ、細かい部分はより慎重に行う
    刃には剃った後の毛がまとわりついてしまうので、定期的に刃を水ですすぎながら髭剃りを行うのが良いでしょう。細かい部分は傷付きやすくもありますから、より慎重に刃を動かすのがおすすめです。

  5. 髭剃り後は必ず化粧水やクリームで保湿する
    脱毛後は、摩擦によって肌に思った以上に負担がかかるもの。終わったら必ず化粧水や乳液、クリームなどで「保湿」し、肌に潤いを与えましょう。

「レーザー脱毛」という選択肢も!ストレスに注意し、正しい髭剃りを行おう

以上から、髭が濃くなる原因のひとつには「ストレス」があること、それには様々な種類があり、適度に解消する必要があること、毎日の「髭剃り」もその要因になる恐れがあることなどが分かりました。

髭が濃くならないように日常でできる改善策としては、

  • 適度な睡眠や休息をとる
  • タンパク質や野菜などを中心に、健康的な食生活を心がける
  • 仕事や人間関係の悩みは、積み重なる前にできるだけリフレッシュする
  • お酒やタバコを控える
  • 肌に負担をかけにくい、正しい髭剃りを行う

などが挙げられるでしょう。仕事や人間関係については、あまりに耐えがたいようなら「転職」を考えるのもひとつの手段です。

また、敏感肌で元々髭剃りの時肌が荒れやすいという方は「レーザー脱毛」という選択肢も。これはレーザーや光を照射することで髭の成長を抑制するもので、数回クリニックやサロンに通うだけで上手くいけば一生髭剃りから解放されると言われています。

ある程度まとまったお金(数千円~数万円程度)が必要ですが、カミソリやシェーバー、クリームなどを買い続けるよりはお得という見方もありますから、肌へのストレスを軽減する方法として考えてみてはいかがでしょうか?

脱毛成功の秘訣は回数を重ねること!
メンズ脱毛専門店
VS クリニック比較

ユウタ脱毛専門店代表
RINX(リンクス)
リンクス公式HP            
料金 鼻下10回:28,000円
(11回目以降840円)
料金顔全体1回:5,980円
店舗数 全国46店舗

RINXの
公式HPで詳しく見る

リュウジクリニック代表
ゴリラクリニック
ゴリラクリニック公式HP            
料金 鼻下5回:36,000円
料金顔全体1回:31,032円
店舗数 全国8院

ゴリラクリニックの
公式HPで詳しく見る