ヒゲにこだわる男へ捧ぐレーザー脱毛ガイダンス
クリニックVS脱毛専門店 髭のレーザー脱毛五番勝負
ヒゲレーザー脱毛ガイダンス » 髭が濃い原因には生活習慣も関係してくるのか?

髭が濃い原因には生活習慣も関係してくるのか?

  【公開日:

  - 公開日:

「髭が濃い」のと「生活習慣」は実は結構関係が深い!

オシャレ髭やデザイン髭など、髭は人によってはファッション的な意味合いもあるものの、少しケアを怠っただけで一気に清潔感が失われたり、だらしがない印象を与えたりしてしまうため、お手入れがなかなか難しいですよね。

そのため一般的にはカミソリやシェーバーなどでこまめに剃っている方がほとんどですが、元々が濃いと青く跡が残り、それが見た目のコンプレックスに繋がることも。

では、髭が濃いのは遺伝や体質的なもので諦めるしかないのか?というと、実は「生活習慣」も大きく関わっていると言われています。

「男性ホルモンの過剰分泌を引き起こす」生活習慣が問題!

かといって、髭が濃い方の生活習慣全てが悪いわけではもちろんありません。なぜなら後天的に髭が濃くなる最大の原因は「男性ホルモンの過剰分泌」にあると言われているから。

男性ホルモンに含まれる「テストステロン」という成分は、基本的には筋肉や骨格の形成に役立ったり、集中力や記憶力を高めたり、モチベーションを上げたりという作用が期待できるものです。

しかし、テストステロンには体毛の成長を促進するというはたらきもあるので、過剰に分泌されると必要以上に髭が濃くなる恐れがあります。

それを防ぐためには、とにかく「ホルモンバランスを正常に保つ」ことが大切。男女を問わず持っている男性ホルモンと女性ホルモンの割合が健やかになれば、後天的な髭の濃さは改善される可能性があると言えるでしょう。

では、ホルモンバランスが乱れる恐れのある「改善すべき生活習慣」は何か?についてご紹介していきます。

睡眠不足

まず、当てはまる場合は真っ先に改善しておきたいのが「睡眠不足」。睡眠不足はホルモンバランスの乱れを引き起こす代表的な生活習慣であり、髭が伸びやすくなるだけでなく、肌荒れや情緒不安定などの不調にも繋がります。

どんなに気を遣ってスキンケアをしても、良質な睡眠に敵うものはないと言われるように、睡眠は成長ホルモンをはじめ身体の様々な部分を正常に保つために欠かせないものです。

仕事や趣味が忙しいのは分かりますが、自分にとっての適切な睡眠時間(一般的には6時間~9時間程度)を知り、なるべくそれを遵守できるようにしましょう。

時間より質が重要とも言われていますから、寝る1時間前からパソコンやスマホを見ない、お風呂に入ってなるべく身体をリラックスさせる、事前に部屋を暗くするなどの工夫をしてみて。

分かってはいるけれど、仕事や予定が詰まっていて物理的に無理という場合は、スケジュールを見直したり、最悪転職を検討したりといった行動も必要かもしれません。

暴飲暴食

仕事をはじめとしたプレッシャーにより、食べることがストレス解消になっているという人は少なくありません。特にそういった時は作る気力もなく、ジャンクフードやコンビニご飯など糖質や脂質多めの食事になりがちなのも問題です。

もちろん食べないよりは良いですし、濃いめの味付けの方が美味しく感じますよね。しかし、新鮮な野菜や良質なタンパク質などをロクに摂らずにそういったものばかり食べると、ホルモンバランスはどんどん乱れてゆきます。

また、男性ホルモンは肉を食べることによって高まりやすいとも言われているため、身体を鍛える目的で摂取するならともかく、魚や大豆製品など他のタンパク質を避けて無暗に食べすぎると過剰分泌を引き起こす恐れもあるでしょう。

疲労やストレスのため込み

仕事を頑張るのは悪いことではありませんが、疲労をため込みすぎると身体が無理をしてしまい、結果ホルモンバランスの乱れに繋がります。

この疲労には身体的なものと精神的なものがあり、後者の場合は異常に気付きにくいのが難点です。

上司に叱られた、同僚と上手くいかない、家族や友人と喧嘩した……など、人間関係における精神的なストレスであれば、適度に他者と距離を置きつつ旅行や趣味などのストレス解消を行うのがおすすめと言えるでしょう。

飲酒、喫煙のやりすぎ

これも一般的にはストレス解消の一種として定番の嗜好品ですが、適量を超えるとホルモンバランスの乱れを引き起こします。例えばお酒の場合、分解機能には個人差があるものの、厚生労働省が定めたガイドラインによれば「1日平均20g程度」が目安です。

  • お酒ごとの1日における適量
    ビール……中瓶1本
    日本酒……1合
    酎ハイ(7%の場合)……350㎖缶1本
    ウイスキー……ダブル1杯

翌日に引きずらないからこの2倍、3倍くらい飲みたい!という方は、その分休肝日を長めに取ったり、1.5倍量程度の水を飲んだり工夫しましょう。

また、タバコに含まれる有害物質も、髭が伸びる原因になる恐れがあります。

口から入った煙は身体にとって「毒素」と見なされ、身体は皮膚の毛穴を開いて排出しようとするため、結果的にそこからの細菌の侵入を防ごうと毛が太く濃くなりやすいと言われているのです。

タバコのニコチンには、女性ホルモンを低下させるリスクがあるという話も。結果的にホルモンバランスが崩れ老化が速まりがちなので、1日1箱以上吸うような方は特に注意しましょう。

過度な筋トレ

筋トレは体型維持やダイエットなどに効果的ですし、若々しさを保つためにも有効だと言われています。しかし、実はこれも男性ホルモンを高める生活習慣のひとつなので、やりすぎは禁物です。

はじめから無茶なトレーニングを行ったり、プロテインを主食に毎日励んだりすればホルモンバランスの乱れを引き起こす恐れもありますから、3日~週に1度程度にしておきましょう。

また、筋トレを行わない日は有酸素運動(ランニングやマラソンなど)をするなど、他のスポーツと上手く組み合わせるのもおすすめです。

間違った方法での髭剃り

上記のような生活習慣以外にも、意外な落とし穴となるのが「髭剃りの方法」。間違ったやり方だと逆に肌にストレスを与えてしまい、髭が濃く感じることもあると言われています。

  • 髭剃りのNG習慣
    事前にシェービングフォームやジェルなどを使わず、そのまま刃を当てる
    いつ替えたか分からない刃で髭剃りを行う
    終わった後化粧水やクリームなどを塗らない

こういった習慣は肌を傷つけたり毛穴が黒ずんだりする恐れがあるため、以下の流れを意識しましょう。

  1. 事前に顔を濡らして滑らかにする
  2. シェービングクリームやジェルを髭に満遍なく塗る
  3. 刃が錆びたり劣化したりしていないか確認する
  4. 刃の流れに逆らわないよう、優しく頬や顎に滑らせる
  5. 細かい部分は唇をすぼめたり口を動かしたりしつつ、慎重にやる
  6. 最後に必ず化粧水や乳液などを塗り、しっかりと保湿する

髭を薄くするためには、日々の習慣も非常に重要

以上のように、髭が濃くなる原因とされている習慣は意外とたくさんあります。もちろん元々の体質も関わってはいるものの、やはり日々規則正しい生活を送ること、アルコールやタバコを控え食生活に気を配ることなどは健康を保つ意味でも重要と言えるでしょう。

また「ストレス解消」や「保湿」なども、髭を薄くするためには効果的とされる方法のひとつ。男性の場合は化粧水や美容クリームなどを持っていないという方も多いかもしれませんが、この機会にスキンケアアイテムを揃えてみてはいかがでしょうか?

脱毛成功の秘訣は回数を重ねること!
メンズ脱毛専門店
VS クリニック比較

ユウタ脱毛専門店代表
RINX(リンクス)
リンクス公式HP            
料金 鼻下10回:28,000円
(11回目以降840円)
料金顔全体1回:5,980円
店舗数 全国46店舗

RINXの
公式HPで詳しく見る

リュウジクリニック代表
ゴリラクリニック
ゴリラクリニック公式HP            
料金 鼻下5回:36,000円
料金顔全体1回:31,032円
店舗数 全国8院

ゴリラクリニックの
公式HPで詳しく見る