ヒゲにこだわる男へ捧ぐレーザー脱毛ガイダンス
クリニックVS脱毛専門店 髭のレーザー脱毛五番勝負
ヒゲレーザー脱毛ガイダンス » ホルモンバランスが髭を濃くする原因になのか?

ホルモンバランスが髭を濃くする原因になのか?

  【公開日:

  - 公開日:

髭が濃いと、清潔感がないように見られることも……?

時にはダンディーな魅力をアピールしてくれる「髭」。しかし、会社員の場合は規定により剃らなければならないことも多く、元々が濃いと跡(いわゆる青髭)が目立ってしまうこともあります。

剃り残しや青髭は見た目の清潔感にも影響しますから、せっかく身なりや体臭に気を遣っているのにそれだけで印象が悪くなることも。

しかし、濃い髭は遺伝や体質的なものだから……と諦めるのはまだ早いかもしれません。実は後天的に髭が伸びやすくなる習慣、というものも存在するのです。

それに深く関わっていると言われるのが「ホルモンバランス」。ホルモンバランスが乱れると髭はもちろん、特定の体毛が濃くなりがちだとされています。

では、一体どのようなメカニズムで髭が濃くなるのでしょうか?見てみましょう。

「ホルモンバランス」は、男性ホルモンと女性ホルモンの割合が重要!

そもそもホルモンバランスとは何か?と言えば、その名の通り「体内における様々なホルモンが、それぞれに適切な量分泌されている状態」のこと。

一部のホルモンの割合がむやみに増えたり減ったりして身体のバランスが崩れると、一般的に「ホルモンバランスの乱れ」と言われますね。

例えば「男性ホルモンと女性ホルモン」が代表例で、どちらか一方が過剰に分泌されると男性でも女性的な特徴が現れたり、女性にも男性的な特徴が現れたりします。

男性には男性ホルモンしかない、女性には女性ホルモンしかないと思われがちですが、実は人間の身体には両方が共存しているのです。そのため、髭が濃くなる要因には「男性ホルモンの活性化」も関係していると考えて良いでしょう。

髭を濃くする原因?男性ホルモンの一種「テストステロン」

そんな男性ホルモンの中でも、とりわけ髭やわき毛といった体毛と関連性があるのが「テストステロン」というもの。テストステロンには以下のような作用があり、主に男性的な特徴を際立たせやすいと言われています。

筋肉量を増やす

全身に程よく筋肉がつき、引き締まった身体は多くの男性が憧れるもの。そもそも男性である時点で一般的な女性よりも筋力は高い傾向にありますが、テストステロンにはその筋肉を増加させるはたらきがあります。

また、男性らしい骨格づくりにも一役買っていると言われているため、テストステロンは逞しいスタイルを形成するために欠かせない成分であるとも考えられます。

髭や胸毛など「性毛」の成長を促進

男性らしい見た目のイメージには、やはり「体毛の濃さ」も関係していますよね。テストステロンは髭や胸毛などといった体毛の成長を促進する成分としても知られており、これが活発になると髭も濃くなりやすいと言われています。

ただし、全ての体毛が濃くなるわけではありません。テストステロンが作用するのは月日と共に長さが変わりがちな「性毛」、特に男性の場合は「男性毛」が気になりやすいと言えるでしょう。

  • 性毛(男女共通で生える性毛)
    陰毛、わき毛

  • 男性毛(特に男性に生えやすい、濃くなりがちな性毛)
    髭、腹毛、胸毛、耳毛、背中の毛、頭頂部の髪など

  • 無性毛(男女共通で生える、ホルモンの影響を受けにくい毛)
    まつ毛、眉毛、手足の毛、側頭部や後頭部の髪など

注意しておきたいのは「薄毛に悩んでいる場合は、男性ホルモンより女性ホルモンの減少が原因とされている」ということ。テストステロンも無関係ではないかもしれませんが、増加させたところで薄毛の悩み解消はあまり期待できません。

判断力や記憶力などの向上

テストステロンには集中力を高める作用があると言われており、記憶力を向上させる効果も期待できるため、昨今では男性の認知症や更年期障害の治療に使用できるという見方もあります。

また、リスクを伴う恐れのある重要な決断を行う時の「判断力」にも関わっているそう。テストステロンの減少は女性の更年期障害(判断力の低下、感情的知性の低下)の原因のひとつとしても知られているので、女性にとっても重要な成分であることが分かりますね。

仕事へのモチベーションや競争心の向上

これも男女を問わず、テストステロンには仕事へのモチベーションをアップさせたり、前向きな競争心や闘争心などを向上させたりする効果があると言われています。

仕事や勉強に前向きな姿勢を持てばそれまで以上の成果も期待できますから、結果的に将来への不安感が薄れたり自信がついたりして、精神の安定に繋がることも。

ホルモンバランスを乱さず、適度にテストステロンのはたらきを得るには?

このように、男性ホルモン(テストステロン)は髭が濃くなる原因のひとつとも言われていますが、その一方で脳や身体の健康にも大きく関わっており、たくさんの良い影響をもたらしてくれる成分でもあります。

むしろ主に加齢によって減少しすぎると骨が弱くなったり筋力が衰えたり、判断力が鈍ったりといった弊害が生まれる場合も。

ただ、問題は最初にご紹介した通り「男性ホルモンの方が過剰に活性化してしまう」こと。それによって髭が濃くなることもありますから、特にコンプレックスに感じる人は何とか正常なホルモンバランスを維持したいですよね。

ホルモンバランスを乱さずテストステロンのメリットのみを享受するには、以下のようなポイントに注意して生活しましょう。

  1. 適切な睡眠をとる
    ホルモンバランスが乱れる原因となる代表的な習慣が「睡眠不足」です。寝不足の次の日は肌が荒れる、胃の調子が悪い……という人が多いように、睡眠不足は身体に様々な弊害を及ぼします。ショートスリーパーでない限り最低6時間程度は寝るようにしてください。

  2. 野菜とタンパク質中心の食事を心がける
    ジャンクフードやコンビニのご飯など、糖質や脂質が高い食事ばかりするのもホルモンバランスの乱れに繋がります。新鮮な野菜や良質なタンパク質(男性ホルモンをあまり活性化させたくない場合は肉は控え、魚や大豆製品中心で)を意識的に摂取しましょう。

  3. 適度にストレスを解消する
    疲労や人間関係の悩みなど、精神的、肉体的なストレスもホルモンバランスを保つためには悪影響です。ストレスによって髭が濃くなる人もいるので、長く引きずらないよう運動や娯楽などで適度に解消しましょう。昼夜逆転になりがちな仕事の方も、不慣れなうちは身体の調子がおかしくなりやすいため注意。

  4. アルコールやタバコを控える
    お酒やタバコなどの嗜好品も、一般的に男性ホルモンを活性化させやすいと言われているもののひとつ。特にアルコールは飲みすぎると翌日の不調を引き起こしやすいので、次の日に引きずらない程度を心がけましょう。

  5. 筋トレをやりすぎない
    適度な運動は健康のために必要ですが、あまりにも筋トレをやりすぎると男性ホルモンが活性化し、髭が濃くなる恐れがあるとも言われています。そもそも筋肉を自然回復させるためには3日~週に1回程度が適切だそうなので、無理なく行いましょう。

  6. 有酸素運動を一緒にやる
    ランニングやマラソンなど、筋トレとはまた違った効果をもたらしてくれる「有酸素運動」。これは逆に一定以上の時間を超えるとテストステロンの減少に繋がるとされているため、筋トレと合わせてバランスよく行うことで男性ホルモンの増加を程よく抑制できる可能性もあります。

ホルモンバランスは身体を健康に保つ上で非常に重要なもの。髭が濃いのは特に気にならないという方も、若々しさの維持や仕事の能率アップのためにぜひ心がけてみてはいかがでしょうか?

参考資料: http://kawato-glia.sakura.ne.jp/pdf/【臨床泌尿器科1月号】川戸.pdf

脱毛成功の秘訣は回数を重ねること!
メンズ脱毛専門店
VS クリニック比較

ユウタ脱毛専門店代表
RINX(リンクス)
リンクス公式HP            
料金 鼻下10回:28,000円
(11回目以降840円)
料金顔全体1回:5,980円
店舗数 全国46店舗

RINXの
公式HPで詳しく見る

リュウジクリニック代表
ゴリラクリニック
ゴリラクリニック公式HP            
料金 鼻下5回:36,000円
料金顔全体1回:31,032円
店舗数 全国8院

ゴリラクリニックの
公式HPで詳しく見る