ヒゲにこだわる男へ捧ぐレーザー脱毛ガイダンス
クリニックVS脱毛専門店 髭のレーザー脱毛五番勝負
ヒゲレーザー脱毛ガイダンス » 髭剃りのやり方によっては濃い髭を作る原因となる?

髭剃りのやり方によっては濃い髭を作る原因となる?

  【公開日:

  - 公開日:

髭が濃くなる原因には「後天的」なものも多い

整えられた髭は魅力にもなり得ますが、特に会社員の場合は規定として剃らなければならないことも多いので、元々濃い人は「青髭(剃り跡)」が残ってしまい、それがコンプレックスに繋がる恐れもありますよね。

昨今では雄々しい男性よりも雰囲気が柔和な方がモテる、なんて説もあり、多くの男性たちが清潔感を追求している中、髭は一歩間違えればだらしのない印象を与えてしまうというのも気になりがちな理由のひとつです。

では、生まれつき濃い髭はもはや諦めるしかないのか?といえば、それは違います。実は髭が濃くなるのは後天的な要因も大きく、生活習慣を改めることである程度改善される可能性もあるのです。

髭を濃くしたくない人にとって、大敵となるのが「ストレス」

髭が濃くなる原因として、最たるものが「ホルモンバランスの乱れ」。

男女を問わず人は男性ホルモンと女性ホルモンの両方を兼ね備えていますが、それぞれの割合やその他のホルモンのはたらきなどのバランスが崩れると、体毛の成長にも影響しかねないと言われているのです。

髭の成長に関わっているのは、主に「テストステロン」という物質。これは身体、精神ともに男性らしい特徴を作るのに役立つと言われており、筋力アップや集中力、記憶力を高めるなどの効果も期待できます。

しかし、過剰に分泌されると逆に男性ホルモンが活発になりすぎてしまい、結果的に体毛が必要以上に濃くなる原因になることもあるのです。

テストステロンをむやみに増やさないために重要なもののひとつが「ストレス」。一般的には以下のようなものが挙げられます。

  • 慢性的な睡眠不足
  • 働きすぎや運動しすぎなど、身体的な疲労の蓄積
  • 人間関係の悩みや将来への不安など、精神的な負担
  • アルコールやタバコなど、一部の嗜好品の過剰摂取

これらは身体的、精神的に多大な負荷をかけ、徐々にホルモンバランスの異常を引き起こします。髭が濃くなるのはもちろん健康的にも悪影響ですから、適度に休息をとりつつストレスは早めに解消しましょう。

ストレスの一部には「髭剃り」も含まれる!

必要以上に髭を濃くしたくない場合、注意すべきストレスには前述した以外にも「髭剃り」が含まれます。髭剃りは清潔感を出す上で欠かせない習慣ではありますが、実は間違った方法を取ってしまうと髭が濃く感じる原因にもなるのです。

かといって、髭は剃れば剃るほど濃くなる、というわけではありません。あくまでも「やり方を間違えると肌へのストレスとなって肌荒れを引き起こしたり、毛穴に黒ずみが残ったりして濃く見えるようになる恐れもある」ということ。

では、正しい髭剃りの方法とはどのようなものなのでしょうか?

肌を傷つけず健康に保つ!正しい髭剃りの方法

  1. 肌を水で濡らし、滑らかな状態にしておく
    シェービングクリームを塗るとはいえ、あらかじめ水分を含んでいないと肌は擦れやすくなってしまいます。事前に髭剃り箇所を優しく水で濡らし、表面を滑らかな状態にしておきましょう。

  2. シェービングクリームやジェルを該当箇所に塗る
    次に、シェービングクリームやジェルなど髭剃り用の潤滑剤を満遍なく塗ります。電動シェーバーの場合は劣化の原因になることから禁止している商品もありますが、基本的には塗った方が肌に優しいとされているため、できれば対応の機種を購入するのがおすすめ。

  3. 刃の部分が錆びやこぼれなどによって劣化していないか確認
    カミソリはもちろん、電動シェーバーも基本的には時間と共に劣化してゆきます。錆びたり刃こぼれしたりしていると肌をより一層傷付ける原因となりますから、剃る前にきちんと交換は必要ないか確認しておきましょう。

  4. 刃の流れに逆らわないよう、優しく頬や顎に滑らせる
    さて、いよいよ髭剃りを行っていくわけですが、特にカミソリの場合刃は横に動かすと切れる仕様となっていますので、縦の流れに逆らわないよう優しく動かしてください。1回剃ってもまだ濃い時には「逆剃り(下から剃る)」が効果的です。

  5. 鼻の下や口の横など、細かい部分は慎重に
    次に、鼻の下や口の横など細かい部分を剃っていきます。唇をすぼめたり上下に動かしたりして、慎重にやるのがポイントです。T字カミソリを使っている方は、細部用にL字型を一緒に揃えておくのが良いでしょう。

  6. 最後に必ず化粧水や乳液などを塗り、しっかりと保湿する
    顔剃りが終わったら、化粧水や乳液、クリームなどの化粧品でしっかりと保湿を行います。最初の水で濡らすのもそうですが、肌荒れやカミソリ負けを防ぐために最も大事なのが保湿です。一度ドラッグストアやショッピングモールなどで、自分に合うものを探してみてくださいね。

正しい髭剃りを行うためには「アイテム」も重要

以上のように、正しい髭剃りの流れには保湿やカミソリの動かし方などが重要だということが分かりました。しかし、髭剃りには他にもいくつかのポイントが存在するため、特にこだわりなくやっているという方は一度見直してみてください。

カミソリか?電動シェーバーか?

手軽でリーズナブルなカミソリと、少々値段は張るものの綺麗に剃れる確率が高い電動シェーバー。どちらにもそれぞれに魅力がありますが、剃り味に関してもどちらが向いているかは個人差があると言われています。

同じように髭が濃くても、細かい部分まで剃れるカミソリの方が美しく仕上がる場合もあれば、電動シェーバーの方が短時間で、かつムラなく剃れてスッキリするという場合もあるのです。

一般的には「安いカミソリよりは電動シェーバーの方がお手入れも簡単で優れている」という意見が多いものの、昨今では様々な角度に動かせる高級カミソリも出ていますから、ぜひ吟味してみてくださいね。

乳液か?クリームか?

髭剃りを行った後、保湿をするのに重要な化粧水や乳液、もしくはクリーム。化粧水は水分を補うために必須ですが、乳液やクリームはその後に水分を閉じ込める役割があると言われています。

では、乳液とクリームならどちらが良いのか?というと「脂性肌なら乳液、乾燥肌ならクリーム」がおすすめ。元々男性は女性より皮脂量が多い傾向にあるとされてはいるものの、やはり体質による部分も大きいので、購入の際はご注意ください。

また、季節によって使い分けるという方もいます。「暑い時期は乳液、寒い時期はクリーム」という感じですね。実際皮脂の分泌量が多い時期にこってりしたクリームを使うとニキビの原因になることもありますから、ひとつの選択肢として覚えておくと良いでしょう。

自力での髭剃りではなく「脱毛」という手もある

髭は自ら剃ってお手入れするのが一般的ですが、肌が敏感でどんなに気を付けても剃れば剃るほど荒れていく気がする、どうしても青髭が目立つ……という場合には、クリニックやサロンで「脱毛」する手もあります。

これは医療機関で受ける「医療レーザー脱毛」や、サロンで受けられる「光脱毛」などが代表的で、いずれも特殊なレーザー(光)を肌に照射してメラニン色素にはたらきかけることで、自然と髭が抜けるようにするというものです。

特に医療レーザー脱毛は効果が高く、上手くいけば数回通うだけで一生髭剃りの面倒から解放される可能性もありますから、気になる方はぜひ一度検討してみてくださいね。

参考資料①

脱毛成功の秘訣は回数を重ねること!
メンズ脱毛専門店
VS クリニック比較

ユウタ脱毛専門店代表
RINX(リンクス)
リンクス公式HP            
料金 鼻下10回:28,000円
(11回目以降840円)
料金顔全体1回:5,980円
店舗数 全国46店舗

RINXの
公式HPで詳しく見る

リュウジクリニック代表
ゴリラクリニック
ゴリラクリニック公式HP            
料金 鼻下5回:36,000円
料金顔全体1回:31,032円
店舗数 全国8院

ゴリラクリニックの
公式HPで詳しく見る