ヒゲにこだわる男へ捧ぐレーザー脱毛ガイダンス
クリニックVS脱毛専門店 髭のレーザー脱毛五番勝負
ヒゲレーザー脱毛ガイダンス » 男子による男子のための髭コラム » 髭が生えてくるのがうざい…うざい髭をどうにかする方法とは?

髭が生えてくるのがうざい…うざい髭をどうにかする方法とは?

【登録日:

- 登録日:

剃っても剃っても生えてうざい!一体なぜ髭は生えるの?

特に男性にとって、毎日の身だしなみとして習慣づいている人も多いであろう「髭剃り」。しかし、電動シェーバーやカミソリなどで日々剃っているのに、結局はまた生えてくるどころか全然薄くもならない……と嘆いている方も少なくないのではないでしょうか。

そもそもなぜ毛が生えるのか?というと、生物学的には

  • 体温調節のため
  • 紫外線や外的な要因から身体を守るため
  • 感覚器官としても役割を果たすため

などの理由があり、脇や陰部などデリケートかつ大事な部分は特に濃くなりやすいと言われています。しかし、髭に関してはどちらかといえば「男性としてのフェロモンをアピールする」という目的が強いという説が有力で、女性を惹き付けるために生えてくるという意見が一般的です。

とはいえ、現代の日本では髭がない人の方が清潔感があって魅力的、という風潮もあるので、中には「ちゃんと髭の手入れをしてるのに全然モテないんですけど?」「髭が濃くても全然いいことないよ……」という方もいるでしょう。

また、きちんと剃っても青く剃り跡が目立ってしまい、それが外見的なコンプレックスに繋がることもあります。

では、髭や青く目立つ剃り跡などを根本的に解決するにはどのような方法があるのでしょうか?

方法その① 生活習慣を見直す

髭が濃い原因は、遺伝だけではありません。実は、後天的な生活習慣によって髭が濃くなることも多いと言うのです。

なぜかといえば、男性ホルモンに含まれる「テストステロン」が体毛の成長に重要な役割を果たしているため、ホルモンバランスが乱れるとそれが過剰に分泌され、通常よりも太く濃い髭が生えてくることがあるのですね。

そのため、最近特に髭がうざくなってきたな……と感じている方は、以下のような生活習慣を見直すことで髭が比較的薄くなる可能性があります。

毎日6時間以上寝る

身体的なストレスの最たるものが「睡眠不足」。1日寝不足になっただけで肌荒れを引き起こす、という方もいるのではないでしょうか。

睡眠不足は成長ホルモンの乱れにも繋がるため、一般的には最低6時間寝るべきだと言われています。ただし、ごくまれにショートスリーパーの方やロングスリーパーの方もいるので、休日の前に眠くなったら寝て自然に起きられる時間を測るという方法で、自分にとって適切な睡眠時間を知るのも重要です。

また、だらだら8時間ベッドにいるよりきっかり6時間眠りに落ちた方が身体が楽なこともあるように、睡眠の質も大切。寝る1時間前にはスマホやパソコンをやめ、部屋を暗くして入眠に備えましょう。

肉より魚、野菜中心の食生活を送る

ジャンクフードやお菓子など脂質と糖質が多い食べ物も、男性ホルモンを活性化させると言われています。

また、肉類も同じように食べすぎるとホルモンバランスが崩れかねませんので、魚や大豆などで積極的にタンパク質をとり、出来る限り野菜や海藻類も摂取しましょう。自炊が難しければ、コンビニや外食などで意識的にヘルシーな食材を買うのがおすすめ。

ストレスは出来る限り早期に解消する

ホルモンバランスが乱れる原因としては、ストレスも代表的です。仕事や趣味での疲労、人間関係の悩みなど、身体的、精神的に辛いときはなるべく早めにリラックスすることを心がけましょう。

ただし、後述しますがストレス解消にお酒を飲んだり、タバコを吸ったりするのは逆効果。適度な運動やお出かけ、好きな本を読んだり映画を観たりといった方法がおすすめです。

飲酒やタバコを控える

お酒やタバコも、適量を間違えると男性ホルモンが過剰分泌を引き起こしかねないとされています。タバコに適量はありませんが、お酒の場合は一応の目安が決まっていますので、以下を参考に飲みすぎないようにしましょう。

  • お酒の適量(1日あたり)
    ビール……500㎖(中瓶1本)
    日本酒……180㎖(1合)
    チューハイ……350㎖(1缶)
    ウイスキー……ダブル(1杯)

ただ、上記の数値を守っていても休肝日がゼロだと意味がありませんから、少なくとも週に2日程度は飲まない日を作りましょう。

筋トレをしすぎない

体型維持のために筋トレをしている人は多いでしょうが、実はこれもやりすぎると男性ホルモンの過剰分泌を引き起こすかもしれない習慣のひとつ。

そもそも筋トレも休息日を作らないと筋肉が思うように成長しないとも言われていますから、3日に一度~週に1度程度に抑えるのが最適。休息日はマラソンやウォーキングなどの有酸素運動を行うのもおすすめです。

方法その② 髭脱毛を受ける

剃っても剃っても生えてくるうざい髭をどうにかする方法として、確実なのは「サロンやクリニックなどで脱毛する」こと。光を照射してメラニン色素にはたらきかけ、毛が生えてこないようにする光脱毛や医療レーザー脱毛が代表的です。

光脱毛の特徴

サロンや理容室で受けられる
照射威力が控えめなので、肌に優しい
価格が比較的リーズナブル

医療レーザー脱毛の特徴

クリニックでしか受けられない
医師による施術なので安心度が高い
照射威力が強く、永久脱毛も可能

効果に関しては医療レーザー脱毛>光脱毛ですが、その分価格も同じように高め。また、光脱毛は専門的な資格が必要ないため、サロンやスタッフの厳選が難しいという注意点も。格安に飛びついたけど、思うような効果が得られなかった……なんてことにならないよう、サロンもクリニックも吟味が必要です。

ちなみに、痛みについては光脱毛の方が威力が低い分比較的少ないとされていますが、医療レーザー脱毛も最新機器になるとほぼ痛みはないそうなので、どちらも不安なく受けることができそうです。

自力で試みるのは危険!うざい髭の対策としてやってはいけないことは?

毎回毎回髭剃りが面倒臭い、髭がうざくて仕方ない……という悩みから、自力で何とかしようと考える人もいるでしょう。しかし、生活習慣を改善するといった方法ならともかく、以下のような処理を自ら行うのは危険です。

  1. 毛抜きやピンセットで髭を抜く
    中には癖になっている人もいるようですが、意外とリスクが大きいのが「毛抜き」。先端で肌を傷付けてしまう恐れがあるのはもちろん、処理後の毛穴は雑菌が侵入しやすくなってしまうため、思わぬ肌荒れや色素沈着の原因になると言われています。根元から抜いた気がしても結局はまた生えてくるので、プロに任せるのがおすすめです。

  2. 身体用の除毛クリームを使う
    自分で体毛を処理できる除毛クリームも市販されていますが、身体用を髭に使うのはご法度!中にはきちんと顔の髭用を謳ったものもありますし、剃った後の髭の成長を抑制する抑毛クリームやジェルなども出ているようなので、セルフケアなら専用のものを選びましょう。

  3. カミソリで無理に深く剃ろうとする
    カミソリや一部の電動シェーバーでは、よりしっかり剃れる「深剃り」という方法もありますよね。しかし、根元まで食い込もうとグイグイ押し当てると摩擦が起こって肌に負担をかける恐れがあるので、無理は禁物です。

いかがでしょうか?うざい髭を改善するカギは主に「生活習慣」と「脱毛」なのですね。間違った方法で肌に負荷をかけないよう注意しつつ、自分なりのケアを行いましょう。

現在徹底調査中のエリア

神戸で初めてヒゲレーザー脱毛(メンズ脱毛)をする人におすすめのクリニック・サロン

梅田で初めてヒゲレーザー脱毛(メンズ脱毛)をする人におすすめのクリニック・サロン

脱毛成功の秘訣は回数を重ねること!
メンズ脱毛専門店
VS クリニック比較

ユウタ脱毛専門店代表
RINX(リンクス)
リンクス公式HP            
料金 鼻下10回:28,000円
(11回目以降840円)
料金顔全体1回:5,980円
店舗数 全国46店舗

RINXの
公式HPで詳しく見る

リュウジクリニック代表
ゴリラクリニック
ゴリラクリニック公式HP            
料金 鼻下5回:36,000円
料金顔全体1回:31,032円
店舗数 全国8院

ゴリラクリニックの
公式HPで詳しく見る