ヒゲにこだわる男へ捧ぐレーザー脱毛ガイダンス
クリニックVS脱毛専門店 髭のレーザー脱毛五番勝負
ヒゲレーザー脱毛ガイダンス » 男子による男子のための髭コラム » 髭に白髪を生やさない、残さない対策方法

髭に白髪を生やさない、残さない対策方法

【登録日:

- 登録日:

髭も白髪になる!?生やさない、残さないためにすべきこと

綺麗に整えているつもりでも、髪と同じように髭も加齢と共に白髪になることがあります。これは毛細血管の衰えや過酸化水素の蓄積などが主な理由として考えられ、歳を取ればある程度は仕方がないと思って良いでしょう。

ただ、白髪は「鼻毛」→「側頭部や頭頂部の毛髪、アゴ髭」→「前頭部、後頭部などの毛髪、口髭」→「眉毛や陰毛など」の順でなりやすいと言われており、当然個人差もあります。

つまり、人によっては髪よりも髭の方が白髪になりやすかったり、歳を取っても白髪が目立ちにくかったりするのです。では、一体どのような点に注意すれば良いのでしょうか?まずは白髪になる原因から見て行きましょう。

「生活習慣」も重要な要素……白髪になる原因とは

白髪になるメカニズムは、前述した通り加齢と共に毛細血管の中にある色素を司る組織「メラノサイト」の機能が衰え、メラニンを生成しにくくなるということが代表的な理由として挙げられます。

これは歳を取ったと諦めるしかないのか?というと、そうではありません。白髪の原因は生活習慣にもあると言われており、注意することで白髪をこれ以上生やしにくくしたり、新しく黒い毛を生やしたりできる可能性もあるからです。

白髪の原因になりかねない主な生活習慣

  • 慢性的な睡眠不足
  • 不摂生な食事
  • 加齢や冷えによる血行不良
  • 肉体的、精神的ストレスの溜めすぎ(過労や人間関係の悩みなど)
  • 歯磨き粉の落とし忘れ
  • 日焼けのしすぎ

特に肉体的、精神的ストレスは年齢に関係なく心と身体を疲弊させ、髭に白髪を増やす原因となります。過度な精神的ショックで頭や髭が真っ白に……というのは現実ではなかなかない話ですが、長期的に見ればあり得ない話ではないので、充分注意しましょう。

また、意外と気にかけにくいのが「歯磨き粉の落とし忘れ」です。歯磨き粉には漂白作用があるものも存在しますが、歯磨き後に髭の周りにこれを落とし切れずにいると、白髪の原因となる過酸化水素の蓄積を招きかねません。必ずぬるま湯で流してくださいね。

まずは食生活の見直しから!白髪を予防&増やさない対策

上記の通り、髭が白髪になる要因には生活習慣も大きいということが分かりました。つまり、心当たりがある部分を改善すれば髭の白髪を予防できるかもしれないということ。では、具体的な方法について見て行きましょう。

チロシンやビタミン、亜鉛などを意識して摂取する

まず、食生活の改善です。ジャンクフードやお菓子などを控えることはもちろんですが、体毛の栄養素として欠かせない「チロシン」や「ヨード」、「アントシアニン」、「亜鉛」などを豊富に含む食材を意識的に摂取し、髭に行き渡らせましょう。

チロシンが豊富に含まれる食材
  • かつおぶし
  • プロセスチーズ
  • きな粉
  • たけのこ
  • 小麦たんぱく(麦類がもっているたんぱく質)
ヨードが豊富に含まれる食材
  • 昆布やひじき、わかめなどの海藻類
  • イワシやカツオ、鯖などの青魚を中心とした魚介類
アントシアニンが豊富に含まれる食材
  • ブルーベリーや茄子、アサイーなど主に紫色の食べ物
亜鉛が豊富に含まれる食材
  • 牡蠣
  • 卵黄
  • 豚レバー
  • ごま

もちろん、どうしても摂取するのが難しいようであればサプリメントでも構いません。昨今では白髪対策として上記の栄養素を中心とした製品も販売されていますから、ぜひ探してみてください。

充分な休息、及び適度な運動を伴う規則正しい生活

続いては「規則正しい生活」。当たり前のことですが、成長ホルモンを正常に保つという意味でも規則正しい生活は重要です。人間は最低6時間以上は睡眠が必要だと言われているので、どんなに忙しくても出来る限り死守しましょう。

ただし、世の中には睡眠時間3時間程度でも問題なくパフォーマンスを発揮できる「ショートスリーパー」と呼ばれる人もいます。短時間でも睡眠が足りないと思ったことはない、むしろ寝過ぎた方が体調が悪いという方の場合は、その限りではありません。

また、日焼けもメラニン色素の異常を引き起こす元なので、アクティブなのは良いことですが炎天下の中に長時間体毛を晒すのはやめてくださいね。

冷えによる血行不良に注意し、タオル洗顔を控える

冷え性は女性に多いと言われていますが、男性にとっても無関係ではありません。血行不良になってしまうとせっかく髭に必要とされる栄養素を摂っても届かない恐れがありますから、冬場も手足をなるべく冷やさないようにしましょう。

更に、歯磨きで気を付けたいのは「タオル洗顔を控える」ということ。タオル洗顔は蒸しタオルを顔に当てて拭うだけで洗顔を済ませるというもので、毛穴が気になる方にはおすすめの方法とされています。

しかし、それを歯磨き後に行っている場合は要注意。歯磨き粉が残る原因になるとも言われているため、該当するのであれば控えてください。お風呂で歯を磨いている方は問題ありません。

髭に白髪を残さないためには「脱毛」という手もある

とはいえ、長い目で見て髭を予防するだけではもどかしい、今すぐこの白髪をどうにかしたい!という方もいるでしょう。髪や髭がバランスよく白髪になっている場合はむしろ年齢相応の魅力にもなりますが、一部分だけだと気になりますよね。

そこで、迅速な対策として「脱毛」という手もあります。ただ、ここで注意したいのは「白髪には昨今代表的な方法であるレーザー脱毛が効きにくい」ということ。なぜかといえば、レーザー(光)脱毛は特殊な光を照射することで「メラニン色素にはたらきかけ」、髭が自然に落ちるようにする方法だからです。つまり、既に色素が抜けてしまっている白髪には反応しにくいのですね。

白髪には「針脱毛」が効果的

では、白髪にはどのような脱毛方法があるのか?というと、一般的には「針脱毛」がおすすめとされています。針脱毛は、レーザー脱毛が知られる以前に主流であった方法です。やり方としては毛に1本1本針を刺し、電気を通して毛根を破壊するというもの。手作業で丁寧に行われるため、白髪にピンポイントに作用する可能性が高いのが特徴と言えるでしょう。

針(ニードル)脱毛のメリット

  • 毛の色を問わず、全ての毛に対応できる
  • 髭が生えている箇所が日焼けしている人、シミが気になる人でも大丈夫
  • 1本からピンポイントで施術可能
  • 火傷や色素沈着などのリスクがほとんどない

針(ニードル)脱毛のデメリット

  • レーザー脱毛に比べると比較的費用が高い
  • 手作業で1本ずつ処理していくので、時間がかかる傾向がある
  • 痛みを感じやすい

白髪染めでカラーリングする方法もある!自分に合った方法で対策を行おう

針脱毛は白髪を除去したい人には効果的なのですが、中には「髭はオシャレに伸ばしておきたいけど、白髪は気になる……」という人もいるでしょう。そんな方には「染色」がおすすめです。

これは白髪染めの要領で白くなった髭を染めるというもので、昨今では「白髪染めシャンプー」と言って、髪を洗うついでに白髪をカラーリングできるアイテムも。

綺麗にお手入れしたデザイン髭が自慢、という方であれば、最も簡単にコンプレックスが解消できる方法なので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

現在徹底調査中のエリア

神戸で初めてヒゲレーザー脱毛(メンズ脱毛)をする人におすすめのクリニック・サロン

梅田で初めてヒゲレーザー脱毛(メンズ脱毛)をする人におすすめのクリニック・サロン

脱毛成功の秘訣は回数を重ねること!
メンズ脱毛専門店
VS クリニック比較

ユウタ脱毛専門店代表
RINX(リンクス)
リンクス公式HP            
料金 鼻下10回:28,000円
(11回目以降840円)
料金顔全体1回:5,980円
店舗数 全国46店舗

RINXの
公式HPで詳しく見る

リュウジクリニック代表
ゴリラクリニック
ゴリラクリニック公式HP            
料金 鼻下5回:36,000円
料金顔全体1回:31,032円
店舗数 全国8院

ゴリラクリニックの
公式HPで詳しく見る