ヒゲにこだわる男へ捧ぐレーザー脱毛ガイダンス
クリニックVS脱毛専門店 髭のレーザー脱毛五番勝負
ヒゲレーザー脱毛ガイダンス » 男子による男子のための髭コラム » 髭に白髪が生える原因とは?

髭に白髪が生える原因とは?

【登録日:

- 登録日:

オシャレに整えたつもりが、いつの間にか髭に「白髪」が?

身だしなみを整える上で、髭は剃るかハサミで形を綺麗にするのが一般的。伸ばしていても、魅力的にデザインされた髭はダンディで素敵ですよね。

しかし髭を伸ばす場合、年齢を重ねるごとに気になりがちなのが「白髪」。そう、髪と同じように髭も徐々に白くなっていくのです!

一体どのようなメカニズムなのでしょうか?まずはその仕組みから見て行きましょう。

髭に白髪が増えるのは「毛細血管の機能が低下する」から

日本人の多くが生まれつき黒々とした毛を持っていますが、例えば生まれつき茶髪や金髪の外国人であっても、歳を取れば白髪になるのは皆一緒。

これは人種を問わず「年齢と共に毛細血管の機能が低下するから」なのです。特に毛の色素(メラニン)を司っている「色素細胞(メラノサイト)」のはたらきが上手くいかなくなるのが一番の理由で、結果的に毛髪から色が抜けてしまうことで白髪が生まれます。

白髪は頭髪の悩みとされることが多いですが、髭も体毛の一種なので、メラノサイトによってメラニンが上手に生成されないと白くなってしまうということですね。

更に、近年ではメラノサイトの機能不全と共に「活性化酸素の蓄積」も重大な原因になり得る、という研究結果が出ています。過酸化水素はオキシドールとして市販されている薬品で、漂白剤としても使われますから、出来る限り触れないようにしましょう。

白髪に“なりやすい”体毛の順番もある!

とはいえ、髪が白くなったからといって髭も必ず同じタイミングで白くなるというわけではありません。実は体毛には「白髪になりやすい順番」があり、その順番に逆らっている場合には何か特別な原因がある恐れも。

具体的な順番としては、

1 鼻毛
2 アゴ髭や側頭部、頭頂部の毛
3 口髭や前頭部、後頭部などの毛
4 眉毛や陰毛など、その他の部位に生えている毛

となっています。鼻毛が一番白髪になりやすいというのは、未だ縁がない人にとっては意外な情報かもしれませんね。

つまり、例えば「頭頂部や側頭部の毛が無事なのに口髭が白くなっている人」や「アゴ髭が無事なのに前頭部や後頭部が白くなっている人」などは、加齢以外にもその箇所が白髪になりやすい要因が潜んでいると考えられるでしょう。

髭が白髪になる原因は、生活習慣によるところも大きい

では、髭が白髪になりやすくなる「原因」には一体どのようなものがあるのか?というと、実は生活習慣も大きく関わってくると言われています。

加齢による毛細血管の衰え

これは前述した通りの過程で、純粋に「毛細血管の力が衰えてしまう」というもの。歳を重ねれば仕方のないことですから、余程年齢が若くなければ白髪を活かす方向にシフトした方が良いかもしれません。

もちろん、白髪染めや脱毛などで対処をすることも可能。その他、生活習慣を改めることで身体的な加齢が食い止められ、後から白髪ではない毛が生えてくる可能性もあります。

睡眠不足や栄養不足などの不摂生

髭が白髪になる原因として、代表的なのが「不摂生」。慢性的な睡眠不足だったり、栄養のある食事を摂っていなかったりして身体に負荷を与えると、体内のバランスが乱れてはたらきが鈍くなってしまいます。

それが年単位で続くと、年齢以上の加齢に繋がってしまうことも。1日最低でも6時間の睡眠をとる、ジャンクフードやお菓子などを控えて野菜やたんぱく質中心の食事にするなど、できる限り規則正しい生活を心がけましょう。

特に、重要なのが「栄養」。黒い体毛を保つにはタケノコやチーズなどに多く含まれる「チロシン」や、元々不足しがちな「亜鉛」などの成分が必要なので、食事で補えないのであればサプリメントで代用するなど工夫してみてください。

ストレスによる疲弊

前述した睡眠不足や疲労などの肉体的なストレス、人間関係の悩みや将来への不安といった精神的なストレスなど、身体のバランスを整えるために大敵なのが「ストレス」です。

これは年齢を問わず白髪を引き起こしやすくなると言われています。あまりにもショックなことがあったり、過労寸前まで働いたりして頭が真っ白に……なんて話をたまに聞きますが、あれはストレスが原因で体内のはたらきが乱れることが原因なのですね。

間違った歯磨き

髭とは何の関係もないのに何で?と思ってしまいますが、実は「歯磨き」も重要な生活習慣。歯磨きをする際、口元が歯磨き粉で多少汚れることが多いですよね。この時、歯磨き粉がよく流せていないと、白髪の原因となる「過酸化水素」の蓄積に繋がる恐れがあるのです。

正しい歯磨きのポイントとしては、

  • 漂白(ホワイトニング)作用が強すぎない歯磨き粉を選ぶ
  • 歯磨き中は口の周りに歯磨き粉がまとわりつかないよう気を配る
  • 終わったらぬるま湯でよくすすぐ
  • タオル洗顔は控える

など。タオル洗顔は蒸しタオルで拭うだけの洗顔方法で、毛穴を目立たなくする効果が期待できると言われていますが、歯磨きの後はやはりぬるま湯で流した方が歯磨き粉が残らず、白髪予防にはなるようです。

日焼けのしすぎ

小麦色の肌は健康的で魅力的なものですが、その一方で肌のみならず体毛も著しい影響を受けています。髪はもちろん、髭も日光に当たりすぎると日焼けしてしまうのです。

かといって、別に毛は黒くならないよね?と思うでしょう。そう、実は逆に、毛は日光の作用により「酸化」することで、パサパサになったり色が抜けたりしてしまう恐れが。少しならむしろ身体に良いものの、炎天下では髪や髭を晒しすぎないよう気を付けましょう。

血行不良による循環不足

最後に、冷え性やむくみなどの原因にもなる「血行不良」。栄養も基本的には血管から循環しているため、血行が悪くなると髭にも必要な成分が届きにくくなり、結果的に白髪を引き起こす恐れがあります。

冬場は特に手足を積極的に温める、冷房に当たりすぎない、血液をサラサラにすると言われている食材(青魚やお酢など)を積極的に摂るなどして、なるべく体内の循環を良くしましょう。

白髪になっても諦めないで!後から改善できる可能性も

以上のように、白髪になる原因としては「加齢」や「不摂生」、「ストレス」、「間違った歯磨き」、「日焼け」、「血行不良」など、生活習慣に関わるものが多く見られました。

中でも年齢を問わず白髪を引き起こしやすいのが「ストレス」。ストレスは身体にとって甚大な悪影響を与えることもある恐ろしいものですから、早め早めの解消が必要です。

特に身内に若くして頭髪や髭が白髪になった人がいる、仕事や私生活でかなり疲弊しているといった人は、職業や日頃の生活を見直した上ですぐに改善に動きましょう。

しかし、加齢で自然に髭が白髪になったのだろうという人も、諦めるのはまだ早いかもしれません。白髪になった髭の根元から黒い毛が生えている、なんて例があるように、生活習慣やストレスなどを見直すことで髭が生まれ変わる可能性もあるのです。

もういい歳だし別にいいや、と思わず、少しでも気になるのであればぜひ対策を検討してみてくださいね。

現在徹底調査中のエリア

神戸で初めてヒゲレーザー脱毛(メンズ脱毛)をする人におすすめのクリニック・サロン

梅田で初めてヒゲレーザー脱毛(メンズ脱毛)をする人におすすめのクリニック・サロン

脱毛成功の秘訣は回数を重ねること!
メンズ脱毛専門店
VS クリニック比較

ユウタ脱毛専門店代表
RINX(リンクス)
リンクス公式HP            
料金 鼻下10回:28,000円
(11回目以降840円)
料金顔全体1回:5,980円
店舗数 全国46店舗

RINXの
公式HPで詳しく見る

リュウジクリニック代表
ゴリラクリニック
ゴリラクリニック公式HP            
料金 鼻下5回:36,000円
料金顔全体1回:31,032円
店舗数 全国8院

ゴリラクリニックの
公式HPで詳しく見る