ヒゲにこだわる男へ捧ぐレーザー脱毛ガイダンス
クリニックVS脱毛専門店 髭のレーザー脱毛五番勝負
ヒゲレーザー脱毛ガイダンス » 男子による男子のための髭コラム » 濃い髭は遺伝が原因となることもあるの?

濃い髭は遺伝が原因となることもあるの?

【登録日:

- 登録日:

髭が濃いのは遺伝?答えは「無関係ではない」

男性の場合は第二次性徴以降、それまで特に生えていなかった髭が急に発達することが多いですよね。元々が濃いと剃っても跡になって目立ってしまうため「これって父親からの遺伝なのかな……」と落ち込む方もいるでしょう。

答えとしては、「遺伝が原因になることもある」というのが正直なところ。

人間は父母それぞれの家系の「DNA」を持って生まれてきますし、髭の濃さにも遺伝子が関わって来るので、お父さんや父母どちらかのお祖父さん、そのまた先祖……と皆髭が濃い傾向にある場合は、その特徴を受け継いでいる可能性が高いと言えます。

そして、注目したいのは「毛穴の数は妊娠6か月ごろには既に決まっている」ということ。つまり、生まれつき最大何本くらい毛が生えるのかはある程度定められており、大きく増減はしないのです。

ただし、毛穴の数が決まっているからといって、そこから100%毛が生えるわけではありません。毛が生えない毛穴にも皮脂を分泌するという大切な役目があるため「遺伝なら改善は無理か……」と諦めるのはまだ早いと言えます。

髭の濃さは「遺伝+加齢+生活習慣」で変化する!

では、遺伝的な要因以外に何が関係するのか?というと「加齢」や「生活習慣」です。元々特に男性の場合、歳を重ねると共に毛は濃くなりがちだと言われています。そこに不摂生な生活が加われば、より一層髭が濃くなってしまいかねません。

なぜかというと、老いによる衰えや以下のような生活習慣は「ホルモンバランスが乱れる」原因だからです。

  • 睡眠不足
  • 暴飲暴食(ジャンクフード中心の食生活)
  • 過度な疲労やストレスの蓄積
  • アルコールやタバコの過剰摂取
  • 筋トレのしすぎ

この他に「カミソリやシェーバーなどによる間違った髭剃り」も、髭に悪影響を与える生活習慣だと言われていますから、こまめに刃を替えつつ前後の保湿をしっかり行いましょう。

元々遺伝しやすいとされている男性ホルモンですが、上記のような不摂生を行わず規則正しい生活を心がけ、きちんとスキンケアをしていれば気になるほど髭は成長しない可能性もあります。

ただし、男性ホルモンの中でも体毛の成長を促進するはたらきがあると言われている「テストステロン」には、

  • 筋肉量の増加
  • 男性的な骨格の形成
  • モチベーションアップや前向きな競争心の向上
  • 集中力の向上、それによる判断力や記憶力アップ

など様々なメリットが存在するとも言われていますから、みだりに男性ホルモンの減少を図るのは危険です。あくまでも「ホルモンバランスを整える」といった気持ちで、適度にトレーニング等を行いましょう。

青髭が気になるからといって「髭を抜く」のはNG

濃い髭がコンプレックスという方は、まず前述したような生活習慣の改善から行うのがおすすめです。しかし、中には「青髭も気になるし、もしかしたら毛抜きで髭を1本1本抜いて行けば生えてこないんじゃ?」と期待する方もいるかもしれません。

ですが、毛抜きで髭を抜くのはNG!毛抜きで毛根まで除去したつもりでも、毛はまた生えてきます。特に男性の髭は太い傾向があるので、無理に抜くと肌を傷つけたり、色素沈着によって黒ずんだりしてしまう恐れも。

また、毛は抜かれることでできた毛穴の溝から細菌や汚れなどが侵入するのを防ごうとするはたらきから、次生えてくる時濃く太くなるということもあり得ます。痛い思いをして逆効果に……というトラブルを防ぐためにも、出来る限り毛抜きは使用しないでくださいね。

遺伝や体質でも諦めないで!「レーザー脱毛」で髭の悩みを解消

では、遺伝や体質によってあらかじめ髭が濃いことが決まっている場合、抜くこともできず生活習慣に気を付けるしかないのか?というと、それも違います。

昨今では「レーザー(光)脱毛」という選択肢があるからです。これはレーザーや光を照射することでメラニン色素にはたらきかけ、髭が自然に抜けるよう導くもので、上手くいけばその後一生髭剃りや青髭などに悩まされなくなると言われています。

一般的には、クリニック(美容医院)で受けられるのが「医療レーザー脱毛」、エステサロンで受けられるのが「光脱毛」で、当然ながら前者の方が効果は高いとされているので、メリットとデメリットを見比べつつ自分に合うものを考えてみましょう。

医療レーザー脱毛は「効果が高い」反面「料金も高い」

医療レーザー脱毛は、専門医しか使用できない高度なレーザー機器が使われるため、医療機関でなければ受けられません。しかし、その分効果が持続しやすく、痛みが少ない可能性が高いのがメリットです。

医療レーザー脱毛のメリット

  • 5~6回程度の照射で、効果が一生継続することもある
  • 最新のレーザー脱毛機器が使用されることが多く、痛みが比較的少ない
  • 1回の施術時間が短い(10分程度)ので通いやすい
  • 専門医による施術のため、万が一トラブルがあった場合も安心

医療レーザー脱毛のデメリット

  • 医療機関に行かなければ受けられない
  • 自由診療なので、クリニックで受けても費用が比較的高い

光脱毛は「気軽に受けられる」反面「効果が持続しにくい」

医療レーザー脱毛に比べ、光脱毛はお近くのエステサロンで比較的安価に受けられるので、若い方でも気軽な気持ちでチャレンジできます。ただ、その反面効果が医療レーザー脱毛に比べて持続しにくいのがデメリットと言えるでしょう。

光脱毛のメリット

  • 医療レーザー脱毛より照射力が弱いため、比較的痛みが少ない
  • 肌へのダメージが極力抑えられる
  • 価格が安く、サロンによっては非常に手ごろ(月数百円程度)に受けられることも

光脱毛のデメリット

  • 照射力が控えめゆえに、効果が持続しにくい(一生は続かない)
  • 医療レーザー脱毛に比べて通う回数が平均的に多い
  • 資格が必須ではないため、スタッフによって技術力の差が比較的激しい

このように、医療レーザー脱毛と光脱毛にはそれぞれ様々な特徴が存在します。ただ、昨今ではサロンのレベルも上がっており「医師監修」のところや「資格保持者が必ず施術する」ことを謳っているところも多いので、一概には言えなくなってきました。

また、上記を見る限り痛みに関しては「医療レーザー脱毛は機器により痛みが少ない」「光脱毛は照射力により痛みが少ない」という感じで、選択する際にはあまり深く考える必要はないかもしれませんね。

ちなみに費用はサロンで全て完了するまでが2万円~、クリニックなら5万円~程度が相場。一見高く思えますが、髭剃りシェーバーやカミソリ、シェービングクリームなどを買い続けるより長い目で見ればお得だと言われています。

遺伝や体質でも、濃い髭は早めの対処がおすすめ

いかがでしょうか?髭の濃さは確かに遺伝や体質的なものも大きいですが、最終的には生活習慣や加齢などが重要になってくるのですね。

歳を重ねるごとに髭は徐々に頑固になる傾向があるようですから、医療レーザー脱毛や光脱毛で対処をする場合でも、出来る限り若いうちに専門機関を頼った方が良いのではないでしょうか。

あとは睡眠不足やストレスの蓄積などにも気を付けつつ、規則正しい生活を心がけましょう。

現在徹底調査中のエリア

神戸で初めてヒゲレーザー脱毛(メンズ脱毛)をする人におすすめのクリニック・サロン

梅田で初めてヒゲレーザー脱毛(メンズ脱毛)をする人におすすめのクリニック・サロン

脱毛成功の秘訣は回数を重ねること!
メンズ脱毛専門店
VS クリニック比較

ユウタ脱毛専門店代表
RINX(リンクス)
リンクス公式HP            
料金 鼻下10回:28,000円
(11回目以降840円)
料金顔全体1回:5,980円
店舗数 全国46店舗

RINXの
公式HPで詳しく見る

リュウジクリニック代表
ゴリラクリニック
ゴリラクリニック公式HP            
料金 鼻下5回:36,000円
料金顔全体1回:31,032円
店舗数 全国8院

ゴリラクリニックの
公式HPで詳しく見る