ヒゲにこだわる男へ捧ぐレーザー脱毛ガイダンス
クリニックVS脱毛専門店 髭のレーザー脱毛五番勝負
ヒゲレーザー脱毛ガイダンス » 男子による男子のための髭コラム » 髭が濃い人はハゲやすいってほんと?関係性を徹底調査

髭が濃い人はハゲやすいってほんと?関係性を徹底調査

【登録日:

- 登録日:

「髭が濃いとハゲる」はほんと?気になる疑問を徹底解明

男性的な魅力を感じさせる髭ですが、昨今では身だしなみや生活感の観点から毎日必ず髭を剃るのはもちろん、中には「抑毛ローション」や「脱毛」などで剃り跡までスッキリさせたいという人も増えてきました。

髭が濃いと特に剃り跡が目立つので、コンプレックスに感じる男性も多いよう。しかし、世の中には剃り跡の問題ばかりか「髭が濃いと頭の毛は薄くなりやすい」なんて通説もありますよね。

体毛が濃い=頭はハゲにくいはず!とポジティブに考えていた方も、これが本当ならショックは大きいはず。では、心を落ち着かせるためにも果たして髭と頭の毛はどのような関係性なのかについて、順を追って見て行きましょう。

そもそも、薄毛の原因には様々なものがある

まず、頭の毛が薄くなる理由としてはどのようなものが考えられるか?ですが、これは人によって理由が違うとされています。例えば病気であることもあれば遺伝的な問題、生活習慣などが関わっていることもあるのです。

AGA(男性型脱毛症)

男性の薄毛の原因として、最も多いと言われているのがAGA(男性型脱毛症)です。これは頭皮に元々存在する5aリダクターゼという組織のはたらきが活性化し、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが生まれることにより起こります。

このジヒドロテストステロンは発毛のサイクルを乱すため、正しく行われていた毛髪の成長が妨げられてしまうのですね。人間は健康でも毎日かなりの量の抜け毛を出していると言われていますが、AGAになるとそれも必要以上に活発になってしまうので、進行すると見た目にも変化が現れるというわけです。

遺伝的な理由

「お父さんやお祖父さんなど、家系的に薄毛の人は自身もハゲる確率が高い」という話を聞いたことはないでしょうか?確かに、上記のAGAが発症しやすい人は遺伝的な要素も大きい言われています。

そして、実は遺伝的には父方ではなく「母方」の血を受け継ぐ可能性が高いのだとか。お母さんの方の親戚に薄毛の人が多いという人は、特に注意が必要かもしれません。

生活習慣によるホルモンバランスの乱れ

AGAはもちろん、頭皮の炎症による薄毛やストレスが原因となる場合が多いと言われる円形脱毛症など、ハゲには様々な種類がありますが、それら全てのリスクが高まる生活習慣が「睡眠不足」です。

睡眠が足りていないと肉体的にも精神的にも疲弊してしまいますから、自覚がある方はまず最低でも6時間以上は寝ましょう。また、その他にも以下のような習慣は薄毛のリスクを上げると言われています。

  • 脂質や糖質中心の食生活(栄養不足)
  • 喫煙

髪は主にタンパク質で出来ていますが、成長を促すにはアミノ酸やミネラル、ビタミンなどの栄養成分も必要不可欠です。それらが欠乏すると薄毛のリスクも高まるので、出来る限り肉や魚、野菜、海藻などを中心とした規則正しい食事を心がけましょう。

煙草に含まれるニコチンも、血管を収縮させるはたらきがあるため髪に栄養が行き渡りにくくなってしまいます。薄毛が気になる方は、この機会に禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか?

極度の緊張状態

精神的なストレスもここに含まれますが、仕事や人間関係などで極度の緊張状態が続くのも、髪の成長には悪影響だと言われています。緊張状態は身体の血行を悪くしがちなので、結果的に栄養が行き渡りにくくなってしまうのですね。

薄毛と濃い髭、どちらも原因は「男性ホルモン」

逆に髭が濃くなる原因は何か?というと、これはAGAの原因とされるジヒドロテストステロンになる前の姿、「テストステロン」と呼ばれる物質が関わっています。

テストステロンは本来男性らしい骨格を形成したり、体毛を成長させたり、集中力や思考力などを活性化させたりと良い作用を持っているのですが、動きが活発になりすぎると逆に毛深くなりすぎたり、5aリダクターゼの影響でジヒドロテストステロンへと代謝され、薄毛を引き起こしたりする恐れがあるのです。

つまりはどういうことか?というと、薄毛の理由として代表的なAGAの原因とされるジヒドロテストステロンと、髭が濃くなる原因とされるテストステロン、どちらも同様に男性ホルモンが関わっているということ。

実際、テストステロンを過剰に活性化させやすい生活習慣には睡眠不足や栄養過多、ストレスなども含まれるので、そういった習慣によって後天的に薄毛、プラス濃い髭を発症している人は多いと言えるでしょう。

薄毛=濃い髭は必ず繋がらないものの、確率としては高い!

前述した通り、遺伝と男性ホルモンを過剰に働かせやすい生活習慣が相まって、髭が濃い男性は薄毛率が高くなってしまうよう。 しかし、髭が濃いからといって絶対的に薄毛になるというわけではありません。なぜならばAGAは遺伝的な要因も大きいですが、先天的に薄毛の遺伝子を持っている人が絶対に髭が濃くなるとは限りませんし、逆に髭が濃い遺伝子を持っている人が100%AGAを発症するとも限らないからです。

発症するか否かはその他の生活習慣も重要ですから、今髭が濃いからと言ってあまり悲観せず、まずは睡眠不足や不摂生など身近な問題を解決していきましょう。

ハゲも濃い髭も、昨今ではクリニックで解決可能

また、昨今では濃い髭(青髭)も薄毛も、専門のクリニックでコンプレックスを解消することが可能となっています。

髭脱毛は特に男性の利用者が増えていると言われており、男性専用のクリニックや髭脱毛に特化したクリニックなども存在するため、かなり行きやすい印象です。AGAや円形脱毛症などの薄毛に関しては主に飲み薬、塗り薬などの医薬品を使用した治療から、植毛をはじめとした外科的治療まで様々ですが、脱毛と合わせて取り扱っているクリニックも多いので、ぜひお近くで探してみてください。

クリニックでの髭脱毛のメリットは?

  1. 永久に髭が生えてこない可能性もある
    クリニックで行われる医療レーザー脱毛は、レーザーを照射することでメラニン色素に働きかけて髭の成長が抑制されるという仕組み。必ず専門医の手で施術せねばならないため、サロンでの髭脱毛に比べて効果が高く、永久脱毛も可能です。
  2. 万が一のトラブルも安心
    髭脱毛はレーザーを照射するため、火傷や肌荒れなどのリスクが不安な方も多いですよね。しかし、医療レーザー脱毛は専門資格を持った医師が担当しますから、安全性に関しては基本的に心配ありません。万が一トラブルが起こった際もすぐに適切な処置を受けることができます。
  3. 薄毛やニキビなど、他の悩みも合わせて相談できる
    サロンでも照射力は弱いながら光脱毛が可能ですが、薄毛やニキビ、アンチエイジングなどの施術はできませんよね。ですが、クリニックならAGAや円形脱毛症といった薄毛の悩みをはじめ、他のことも合わせて相談できる可能性があります。

このように、髭が濃い人は薄毛になりやすい、というのは確率的には本当だと言えますが、生活習慣に気を付けたり適切なケアをしたりすることでリスクは軽減できます。

また、上記の通りAGA治療や脱毛など、どちらの悩みも専門医に相談すれば解決できる可能性がありますから、ぜひお近くの美容クリニックも調べてみてくださいね。

現在徹底調査中のエリア

神戸で初めてヒゲレーザー脱毛(メンズ脱毛)をする人におすすめのクリニック・サロン

梅田で初めてヒゲレーザー脱毛(メンズ脱毛)をする人におすすめのクリニック・サロン

脱毛成功の秘訣は回数を重ねること!
メンズ脱毛専門店
VS クリニック比較

ユウタ脱毛専門店代表
RINX(リンクス)
リンクス公式HP            
料金 鼻下10回:28,000円
(11回目以降840円)
料金顔全体1回:5,980円
店舗数 全国46店舗

RINXの
公式HPで詳しく見る

リュウジクリニック代表
ゴリラクリニック
ゴリラクリニック公式HP            
料金 鼻下5回:36,000円
料金顔全体1回:31,032円
店舗数 全国8院

ゴリラクリニックの
公式HPで詳しく見る